投稿

投稿

肩峰下インピンジメント症候群

2020.08.19

上腕骨と肩甲骨の肩峰と烏口突起、烏口肩峰靱帯との間で、腱板や肩峰下滑液包が繰り返し衝突して腱板や肩峰下滑液包に炎症や変性を起こす状態

 症状
 ・肩関節の疼痛と運動制限
 ・自発痛を訴えることもあるが少なく、運動時痛が主体で自動屈曲や外転時にみられることが多い。また、挙上時に轢音や引っかかり感を認める
 ・悪化するとこわばりや筋力低下を伴い、夜間痛を訴えることもある

 原因
 ・肩が最大に外旋した位置からボールを加速してリリースし、最大外旋から急激に内旋する動作で、前方に大きな力がかかると腕の骨(上腕骨頭)が屋根の骨(肩峰)に衝突し、その間にある腱や滑液包が炎症を起こしたり、損傷が起きる
 ・ボールを投げ過ぎると腱板は疲労し肩を支える力が弱くなり、肩がぶれてインピンジ(衝突)を起こしやすくなる
 ・野球、ソフトボール、ハンドボール、バレーボール、バドミントン、水泳などに多い

インピンジメント

error: Content is protected !!