診療案内

スポーツ外傷/歪み

スポーツ外傷/歪み

スポーツ外傷・スポーツ障害治療

たむら鍼灸整骨院_スポーツ外傷

スポーツによる外傷・障害を治療します

悪くなる前に、何日かたってからではなく、すぐ来て頂くことで、早期回復につながります

また慢性化してしまった症状は今からできる最善の方法を考えて、必要な治療をさせて頂きます

筋肉の緊張が高まっていて出ている痛みも起こりやすいですが、障害の出ている筋肉を適確にストレッチすることで、かなりの効果が期待できます
また骨盤の調整を加えることでケガの予防もできます

多くの場合、様々な治療を組み合わせて治療致します
プロスポーツ選手も使用している電気治療も症状に合わせて行います

野球・陸上競技・サッカー・フットサル・バスケットボール・バレーボール・ラグビー・ゴルフ・ソフトボール・ハンドボール・ドッジボール・テニス・バドミントン・卓球・柔道・剣道・空手・水泳・体操競技・トライアスロン・スキー・スノーボードなどの選手や、趣味でランニング・登山・ロッククライミング・サーフィンなどをする方が多数来院されています

よく見られるスポーツ外傷・スポーツ障害

オスグッド・シュラッター病

症状
 ・ランニングや階段の昇降など運動時の膝の前面の痛み

原因
 ・10代前半の骨端症の一つ
 ・大腿四頭筋を収縮させる動作を繰り返すことにより起こる

ジャンパー膝

症状
 ・膝蓋骨下極部の運動時痛、圧痛
 ・膝を深く曲げると痛みが出る

原因
 ・急な加速や減速、ジャンプ、着地などの繰り返しの動作
 ・バレーボール、バスケットボールなどに多い

腸脛靭帯炎(ランナー膝)

症状
 ・膝の外側に沿って痛む
 ・通常は走行中に痛みが増す

原因
 ・足部の過剰回内運動による筋肉の弛緩
 ・弛緩が大腿骨頭部の摩擦により不快感を引き起こす
 ・湾曲した脚(内反膝)はリスクが上昇

膝前十字靱帯損傷・後十字靱帯損傷

症状
 ・膝の痛みと不安定感

原因
 ・急激な停止やジャンプの着地、急な方向転換
 ・交通事故などでも起こる

膝半月板損傷

症状
 ・荷重痛、引っかかり感を伴った運動痛

原因
 ・膝の屈伸運動時に下腿の回旋が加わった時に発生する
 ・スポーツ活動で受傷することが多い

膝蓋大腿骨ストレス症候群

症状
 ・運動中の膝の痛み、または違和感、あるいはその両方

原因
 ・不安定な膝の動きを制御するために起こる腱と靱帯の疲労
 ・足部の過剰回内運動に伴う負荷の増加
 ・ふくらはぎとハムストリングの柔軟性の欠如

鵞足炎

症状
 ・運動中の膝内側(脛骨粗面内側部)の痛み

原因
 ・縫工筋、薄筋、半腱様筋の付着部に繰り返される牽引
 ・スポーツ活動でのオーバーユース

脛骨過労性骨膜炎(シンスプリント)

症状
 ・脛骨(すね)の内側に痛みや違和感がある
 ・着地時の衝撃が違和感の原因となる事が多い

原因
 ・足部の過剰回内運動と過度な練習による過負荷(距離・坂・速度などの増加)
 ・下腿筋肉の柔軟性不足
 ・固い路面でのランニング(アスファルト・コンクリートなど)

アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎

症状
 ・踵(かかと)の後部の痛み、またはアキレス腱とその周囲の痛み

原因
 ・足部の過剰回内運動によるアキレス腱の疲労や負荷の増加
 ・ふくらはぎとハムストリングの柔軟性の欠如

有痛性外脛骨

症状
 ・足部内側に骨性隆起を認め、局所に圧痛、発赤、熱感がみられる
 ・靴を履くと圧迫されて痛みが出る

原因
 ・足部の過剰回内運動(扁平足)
 ・体重増加、運動量の増加などが関係している

有痛性三角骨

症状
 ・スポーツなどで足関節を底屈させるような動作を繰り返すと足関節後方の痛みが出る

原因
 ・三角骨とは足関節後方の余剰骨であり通常無症状
 ・過度の底屈により三角骨または巨大な後突起が脛骨と踵骨の間に挟まれる事で痛み出る

足底筋膜炎

症状
 ・踵(かかと)の痛み(特に朝の起床時)
 ・アーチと足底部に沿った痛み

原因
 ・足部の過剰回内運動によるアーチの落ち込み
 ・ふくらはぎの柔軟性の欠如

中足骨痛症

症状
 ・前足部底面の軟部組織の痛み
 ・前足部の痛みや圧痛

原因
 ・足部の過剰回内運動による前足部周辺の異常な圧力

ハンマートゥ(槌趾)

症状
 ・つま先の関節の拘縮(第2趾の関節が最も一般的)
 ・シューズとの摩擦によるつま先の魚の目、あるいはタコ、またはその両方

原因
 ・足部の過剰回内運動
 ・ある種の関節炎、遺伝形質および神経学的な要因
 ・つま先を掴んで足部を安定させようとする動作

モートン病

症状
 ・前足部、しばしばつま先の間に焼けるような痛みがある
 ・第3、第4中足骨の間が最も頻繁に痛む

原因
 ・前足部側面の圧迫
 ・不適切なフットウェアによる症状の進行
 ・足部の過剰回内運動による中足骨とつま先の間を通る神経への刺激

外反母趾

症状
 ・足の親指が小指の方向に曲がった状態になる
 ・足の親指のつけ根の関節の痛み

原因
 ・足部の過剰回内運動
 ・サイズの合わない小さい靴や先が細い靴、ヒールが高い靴も原因になりやすい
 ・最も多い中年期のものは履物に加えて、肥満と筋力低下なども影響する

偏平足(扁平足)

症状
 ・土踏まずを形成しているアーチが崩れ、足底が平らになった状態
 ・足底の疲労感や痛み

原因
 ・足部の過剰回内運動
 ・加齢による筋力の低下、腱のゆるみ、肥満による負荷の増大なども影響する

姿勢の歪み・骨盤調整・整体治療

たむら鍼灸整骨院_姿勢

骨盤の歪みや、筋肉の付き方のバランスの悪さや、日常の中での動作や仕事やスポーツでの動作は多くの場合、同じ動作の繰り返しになってしまいます

繰り返しの動作により筋肉の偏りが出てきて骨盤や背骨などにも傾きが出てきます

様々な痛みの原因は、この偏りや傾きの歪みにあります
この歪みを整える治療は患者さんには痛いような苦痛はありません。バキバキやるような事もしません
不快な感覚は無く治療できます

治療期間は、歪みの程度や普段の掛かる負担の強度により異なります

もちろん歪みの調整治療はしますが、日常の生活から姿勢を改善し、患者さん本人に姿勢の悪さを自覚して頂くことが、一番の回復への近道です

立ち姿勢、座り姿勢、日常生活での動き体操、ストレッチなどのアドバイスもします

熊谷市の鍼(針)灸院・整骨・接骨院/たむら鍼灸整骨院アクセスマップはコチラ

[治療院名]たむら鍼灸整骨院
[代表者]田村 卓
[院長]田村 誠
[所在地]埼玉県熊谷市中央2-159
[診療時間]8:00~21:00
[診療日]月~日曜
土日・祝日も診療してます
[定休日]お盆・年末年始

googleMAPはコチラ

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
error: Content is protected !!