診療案内

鍼灸(はりきゅう)治療

鍼灸(はりきゅう)治療

鍼 (はり)

九鍼
 

患部や経穴(ツボ)に鍼(はり)を用いた治療方法です
刺さない鍼を使用する場合も有ります

当院では、ディスポーザブル(使い捨て)の鍼と
オートクレーブ(高圧蒸気滅菌)にて滅菌した鍼を使用しています

ディスポとクレーブ

刺さない鍼

皮膚に金属製のハリを当てたり、擦ることで経穴(ツボ)を刺激したり、皮膚の受容器(センサー)を刺激して治療効果を出すものが有ります
また、金属製のハリを木槌で叩いて刺激をする打鍼(だしん)を使用することもございます

一般に売られている下記のようなものも鍼には有ります
画像をクリックするとAmazonにリンクしています
※院内でも販売しております

刺入する鍼
皮膚を金属製のハリで皮膚の受容器を刺激すると共に微小な組織損傷をすることにより、治療効果を出す事が出来ます
鍼の長さ、太さ、形状は様々な鍼を症状に合せて使用します

刺激の強い物も有りますが、弱い物ももちろん有りますし、症状によっては刺激の強い物をオススメする事も有りますが、無理矢理するような事は御座いません

灸 (きゅう)

たむら鍼灸整骨院_灸拡大

患部にモグサという綿状の材料をのせ、燃焼させて経穴(ツボ)を刺激する治療方法です

直接のせて治療する方法もありますが、当院では痕が残る事や火傷の危険性を考慮して、直接身体に置かずに、間接的に治療をする方法で主に施術を施しています

熱いイメージを持たれている方もいらっしゃると思いますが
当院では、温かく気持の良い治療です
鍼と同様に様々な症状に非常に効果的です
冷え症状の出やすい場合は、特におススメです

様々な症状

肩こり・手足のしびれ・背中の張り・テニス肘・腱鞘炎
ギックリ腰・腰痛・坐骨神経痛などに良く効きます

≪神経系疾患≫
神経痛(顔面神経麻痺、肋間神経痛、坐骨神経痛、肩・肘・手の痺れ、臀部・もも・ふくらはぎ・足の痺れ)、神経麻痺、痙攣、脳卒中後遺症、自律神経失調症、頭痛、めまい、不眠、神経症、ノイローゼ・ヒステリー

≪運動器系疾患≫
関節炎、リウマチ、頚肩腕症候群、頚椎捻挫後遺症、五十肩、腱鞘炎、腰痛、外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫) 寝違え、肩こり、テニス肘、野球肘、ゴルフ肘、弾発指、アキレス腱痛、足底痛

≪循環器系疾患≫ 
心臓神経症、動脈硬化症、高血圧・低血圧症、動悸、息切れ 、浮腫、貧血

≪呼吸器系疾患≫ 
気管支炎、喘息、風邪および予防 、副鼻腔炎、気管支喘息

≪消化器系疾患≫
胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)、胆嚢炎、肝機能障害、肝炎、胃十二指腸潰瘍、痔疾 、胸やけ、腹痛、腹部の冷え、口内炎

≪代謝内分秘系疾患≫ 
バセドウ氏病、糖尿病、痛風、脚気、貧血

≪生殖、泌尿器系疾患≫
膀胱炎、尿道炎、性機能障害、尿閉、腎炎、前立腺肥大、陰萎、夜尿症

≪婦人科系疾患≫
更年期障害、乳腺炎、白帯下、生理痛、月経不順、冷え性、血の道、不妊 、逆子

≪耳鼻咽喉科系疾患≫ 
中耳炎、耳鳴、難聴、メニエル氏病、鼻出血、鼻炎、蓄膿、咽喉頭炎、扁桃炎

≪眼科系疾患≫
眼精疲労、仮性近視、結膜炎、疲れ目、かすみ目、ものもらい、目の異常(ドライアイなど)

≪小児科疾患≫
小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)、小児喘息、アレルギー性湿疹、耳下腺炎、夜尿症、虚弱体質の改善など

一般的に怖い、痛そう、熱そうというイメージが強いですが、様々な症状の回復に効果的です

【当院のスタッフ全員の感想ですが】
鍼は思っているほど痛くないし、お灸は気持ちいいと思っています
一度、ご相談下さい

※鍼灸治療以外の治療方法で上記の症状を治療する事も御座います

熊谷市の鍼(針)灸院・整骨・接骨院/たむら鍼灸整骨院アクセスマップはコチラ

[治療院名]たむら鍼灸整骨院
[代表者]田村 卓
[院長]田村 誠
[所在地]埼玉県熊谷市中央2-159
[診療時間]8:00~21:00
※令和2年より時間変更します
[診療日]月~日曜
土日・祝日も診療してます
[定休日]お盆・年末年始

googleMAPはコチラ

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ