投稿

投稿

シンディング・ラーセン・ヨハンソン病

2021.08.04

膝蓋骨下端(ひざのお皿の下)の痛みで、腱に引っ張られて、炎症や石灰化を起こしたり、上下に離開したもの、10歳~14歳の男子に多い

 症状
 ・走る、ジャンプ、ボールを蹴る、しゃがむなどの動きで痛みが出る
 ・オスグッド・シュラッター病に似ているが、痛みの箇所が違う

 原因

 ・成長期の男子は、膝蓋骨が成長過程にあり、腱よりも強度が弱いために起こる起こる
 ・強度の弱い箇所に繰り返しストレスが加わり、炎症を起こしたり、離開が起こったりする
 ・陸上競技、サッカー、バレーボール、バスケットボール、バドミントンなどに多い

シンディング

error: Content is protected !!