投稿

投稿

野球肘

2020.08.19

野球の投球による肘部の障害を野球肘と総称している
負荷のかかり方によって、痛みが肘の内側、外側、後ろ側に出る

 症状
 ・投球時や投球後の肘の痛み(内側型・外側型・後方型がある)
 ・肘関節の曲げ伸ばしがスムーズにできなくなったり、痛みによって肘が動かなくなることもある

 原因
 ・繰り返しボールを投げることによって肘への負荷が過剰となることが原因
 ・不適切な投球フォームや全身の柔軟性低下、筋力不足なども原因になる
 ・成長期の子どもの骨や軟骨はまだ強くないため、投球動作の繰り返し(オーバーユース)によって、野球肘が起こりやすくなる
 ・野球、ソフトボールなどに多い

野球肘

error: Content is protected !!