投稿

投稿

テニス肘(外側上顆炎)

2020.08.19

上腕骨外側上顆(肘の外側の骨)部の炎症を起こした状態

 症状
 ・ラケットのグリップ時に肘の外側に痛み
 ・タオルを絞る動作などで肘の外側に痛み
 ・物を掴んで持ち上げる時に肘の外側に痛み
 ・肘の外側の骨を押すと痛み

 原因
 ・30〜50代以降のテニス愛好家に発症することが多いため、ラケットを振る、ボールを打つといった動作の繰り返しによる「使いすぎ症候群(オーバーユース)」ではないかと考えられている
 ・自分の体格や体力、技量に合わないラケットの使用やプレースタイル、不十分なストレッチなどが関与している可能性が指摘されている
 ・プレーする頻度が高いほど発症する頻度も高くなる傾向にあり、スポーツ以外にも重い荷物を運ぶ運搬業や、料理人や大工などの手首をよく使う職種で発生しやすい
 ・テニスをしない主婦にも発症率が高いことから、加齢による筋力の衰えや性別などとの関連性も指摘されている
 ・テニス、ゴルフ、野球、バドミントンなどに多い

テニス肘

error: Content is protected !!