診療案内

診療案内

姿勢の歪み・骨盤調整・整体治療

たむら鍼灸整骨院_姿勢

骨盤の歪み(ゆがみ)バランスの悪さ
日常や仕事・スポーツでの動作が繰り返される事が影響し
立ち姿勢、座り姿勢でも大きく影響します
繰り返しの動作から筋肉が偏り、身体が歪みます

脚を組んで座っていませんか?
片足に体重をかけて立っていませんか?

様々な痛みの原因は「歪み」にあります
当院での治療は、痛いような苦痛はありません
基本的には不快な感覚は無く治療できます

治療期間は、歪みの程度や普段の生活により異なります

治療で良くなる為、お手伝いさせて頂きますが
普段から姿勢を改善し、患者さん本人の意識を高めて頂く事が
何よりも良くなる近道です

その為、姿勢や日常生活での注意点体操・ストレッチなどの
アドバイスをさせて頂きます

スポーツ外傷・スポーツ障害治療

たむら鍼灸整骨院_スポーツ外傷

スポーツによる外傷・障害を治療します

悪くなる前に、何日かたってからではなく、すぐ来て頂くことで、早期回復につながります

また慢性化してしまった症状は今からできる最善の方法を考えて、必要な治療をさせて頂きます

筋肉の緊張が高まっていて出ている痛みも起こりやすいですが、障害の出ている筋肉を適確にストレッチすることで、かなりの効果が期待できます
また骨盤の調整を加えることでケガの予防もできます

多くの場合、様々な治療を組み合わせて治療致します
プロスポーツ選手も使用している電気治療も症状に合わせて行います

野球・陸上競技・サッカー・フットサル・バスケットボール・バレーボール・ラグビー・ゴルフ・ソフトボール・ハンドボール・ドッジボール・テニス・バドミントン・卓球・柔道・剣道・空手・水泳・体操競技・トライアスロン・スキー・スノーボードなどの選手や、趣味でランニング・登山・ロッククライミング・サーフィンなどをする方が多数来院されています

よく見られるスポーツ外傷・スポーツ障害

肩峰下インピンジメント症候群

リトルリーガー肩

ゴルフ肘(内側上顆炎)

テニス肘(外側上顆炎)

野球肘

TFCC損傷

オスグッド・シュラッター病

ジャンパー膝

腸脛靱帯炎(ランナー膝)

膝前十字靱帯損傷・後十字靱帯損傷

膝半月板損傷

膝蓋大腿疼痛症候群

鵞足炎

脛骨過労性骨膜炎(シンスプリント)

アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎

足底筋膜炎

外反母趾

有痛性外脛骨

ハンマートゥ(槌趾)

有痛性三角骨

足部の歪み・過剰回内(オーバープロネーション)

ホームページ使用

人は柔らかい足硬い足を交互に行い歩行をします

柔らかい足とは
地面に接地する際、足のアーチはたわみ、つま先が広がった状態で、衝撃を吸収する働きがあります

硬い足とは
足の裏が地面についた直後から足のアーチが高くなっている状態で、軽やに蹴り出す働きがあります

多くの人は、柔らかい足から硬い足に切り替われない
「過剰回内=オーバープロネーション」
があります

本来、足には衝撃を推進力に変換する機能を持っていますが
の状態では足本来の機能を十分発揮出来ません

「過剰回内=オーバープロネーション」は
様々なトラブルを誘発します!

偏平足や外反母趾も、この状態です!

この足の歪みは当院のインソールがオススメです!
詳しくは↓をクリック

モートン病

偏平足(扁平足)

オスグッド・シュラッター病

膝のお皿の下(脛骨粗面)に痛みや腫脹が現れる

 症状
 ・膝蓋骨下方にある脛骨粗面に限局した疼痛と強い圧痛が主症状
 ・局所の熱感や腫張、骨性の隆起
 ・ジャンプ時の疼痛が原因でジャンプ力が低下、ダッシュ時の疼痛でタイムが低下

 原因
 ・ 小中学生男子に多い膝のオーバーユースによる成長期スポーツ障害の代表疾患
 ・大腿四頭筋の柔軟性低下(いわゆる太ものの筋肉が硬い)を契機に、ジャンプやダッシュなどの繰り返しの動作による膝蓋骨(お皿の骨)を引っ張る力が脛骨粗面に加わるため
 ・成長期の脛骨粗面には骨が成長するために必要な新しい骨(骨端核)が存在しているが、大腿四頭筋による強大な牽引力が負担となり、骨端核の発育が阻害され突出して痛みが出る
 ・10代前半の骨端症の一つで、大腿四頭筋を収縮させる動作を繰り返すことにより起こる
 ・野球、ソフトボール、サッカー、陸上競技、ラグビーなどに多い

オスグッド

ジャンパー膝

膝のお皿を逆三角形に例えると、頂点の所に痛みが出る

 症状
 ・膝蓋骨下極部の運動時痛、圧痛
 ・膝を深く曲げると痛みが出る
 ・ジャンプ時、ダッシュ時、キック動作時に痛み

 原因
 ・オーバーユースに起因する膝のスポーツ障害
 ・急な加速や減速、ジャンプ、着地などの繰り返しの動作
 ・大腿四頭筋の柔軟性低下
 ・バレーボール、バスケットボール、ハンドボール、サッカー、ラグビーなどに多い

ジャンパー膝

腸脛靭帯炎(ランナー膝)

膝の外側(大腿骨外顆周辺)に痛みが出る、ランニングによる膝障害の代表

 症状
 ・ランニングによる膝外側の疼痛
 ・大腿骨外顆周辺に限って圧痛
 ・腸脛靱帯は緊張が増大
 ・靱帯の走行に沿って疼痛が放散する場合もある

 原因
 ・発症しやすい内的要因として、内反膝、回内足がある
 ・足部の過剰回内運動による筋肉の弛緩
 ・弛緩が大腿骨頭部の摩擦により不快感を引き起こす
 ・陸上競技(長距離ランナー)、野球、サッカー、バスケットボール、水泳などに多い

ランナー膝

膝前十字靱帯損傷・後十字靱帯損傷

 太ももの骨(大腿骨)とスネの骨(脛骨)を繋いでいる靱帯の損傷

 症状
 ・膝の痛みと関節の不安定感

 原因
 ・急激な停止やジャンプの着地、急な方向転換、交通事故などで起こる
 ・柔道、ラグビー、スキー、スノーボード、バスケットボールなどに多い

十字靱帯

自律神経とは

自律神経は、交感神経副交感神経が有り、全身を調整する神経です

交感神経は、昼間、活動している時に優位になり

副交感神経は、夜間、寝ている時に優位になります

この2つの神経により身体のバランスが保たれています

自律神経の働きが乱れると、身体に様々な症状が現れます

自律神経の働きが乱れると

不眠

・睡眠障害(不眠・寝つけない等)

・胸やけ

・全身がこる

・身体が疲れやすい

・足が冷える       など、様々な症状が現れます

自律神経が乱れる原因

ストレス

 

・ストレス

・不規則な生活習慣

・ホルモンバランスの乱れ   など、様々の原因が有ります

自律神経の治療

鍼治療2

鍼灸治療を中心に施術し、
身体のバランスを調整していきます

最近、なかなか寝られない
寝られるけど疲れが取れない
寝ていても途中何回も起きてしまう

身体のあちこちがこっていて、
マッサージ治療を受けても、
またすぐに張ってきてしまう

など有りましたら、ご相談下さい

膝半月板損傷

膝関節内にある半月板に亀裂が生じたり、欠けたりした状態

 症状
 ・荷重痛、引っかかり感を伴った運動痛

 原因
 ・膝の屈伸運動時に下腿の回旋が加わった時に発生する
 ・バスケットボール、バレーボール、体操、テニス、野球、サッカー、スキーなどに多い

半月板

膝蓋大腿疼痛症候群

膝の前面(膝のお皿周囲)に痛みがあるが、骨・軟骨・筋肉・腱などには損傷がない状態

 症状
 ・運動中の膝の痛み、または違和感、あるいはその両方
 ・椅子から立ち上がる時や階段の昇り降りの時に、お皿の周りに違和感や痛み

 原因
 ・歩行時、ジョギングやランニング、ジャンプの着地時などに、股関節の内転と内旋の
  動作を何度もしていると膝蓋大腿疼痛症候群になりやすい
 ・大腿四頭筋の筋力の弱さ、柔軟性の低下は膝蓋大腿疼痛症候群に導く可能性がある
 ・足部の過剰回内(オーバープロネーション)運動に伴う負荷の増加
 ・野球、サッカー、陸上競技、バスケットボール、テニス、登山などに多い

大腿膝蓋

鵞足炎

脛骨というスネの骨の内側(膝から5~7cmほど下)に痛みが出る

 症状
 ・運動中の膝内側(脛骨粗面内側部)の痛み

 原因
 ・縫工筋、薄筋、半腱様筋の付着部で、繰り返される牽引による
 ・陸上競技、サッカー、ラグビー、アメリカンフットボール、水泳などに多い

鵞足

手技療法

整復法

たむら鍼灸整骨院_骨折

骨折・脱臼

骨が折れた時、関節が外れた場合などに正常の位置にもどす治療方法です

当院は必要に応じて整形外科へ紹介させて頂きレントゲン検査をして整復をしてます
また整復後に検査の依頼をすることもあります

固定法

たむら鍼灸整骨院_固定

骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷

包帯・副子・テーピングなどで固定し患部に掛かるストレスを軽減させ早期回復を図ります
また予防を目的として用いる場合も有ります
外傷・スポーツ障害などに有効な治療方法です

バランス・骨盤の調整

ブロック

身体全体のバランスの偏り・骨盤の歪み

骨盤の歪みを整え、痛みや辛い所の症状の緩和
バランスを崩してしまう姿勢の指導をさせて頂き
正常な関節運動の可動域を取り戻します

筋肉のほぐし

院長施術1

筋肉のはり身体の重だるさ

筋肉の緊張をほぐし血液・リンパを促すと同時に気の巡りを良くし痛みや辛さを和らげます

ストレッチング

ストレッチ

スポーツ前後・筋肉の過緊張

一つ一つの筋肉を伸ばして緊張を和らげ、血行を改善し疲労物質を流し、栄養を送り疲労感や重だるさを緩和します
スポーツ選手や仕事での疲れなどに有効です

物理療法

冷却療法・アイシング

たむら鍼灸整骨院_冷却

炎症症状・腫脹軽減

損傷した細胞が回復する過程に炎症症状が出てきます
炎症が正常の細胞に広がると痛めていない正常な細胞までキズを付けてしまいます

アイシングを行うことにより炎症を最小限に抑えて損傷している細胞だけにすることで、早期回復させていくことが可能です

遠赤外線療法

たむら鍼灸整骨院_遠赤外線

血行促進・筋緊張緩和

赤外線の中でも遠赤外線は皮膚表面で熱の吸収が大きく、心地よい温かさです

低周波治療、鍼治療と組み合わせて使用することがあります

極超短波(マイクロ波)療法

たむら鍼灸整骨院_低周波

血行促進・筋緊張緩和

遠赤外線に比べ、深部組織を温める事が出来ます。遠赤外線同様、心地よい温かさです

※使用前に必ず注意事項の確認をします

吸玉療法・カッピング療法

たむら鍼灸整骨院_吸玉

血行促進・筋緊張緩和

吸玉を皮膚(主に背中)に吸着させることによって、血液の循環をよくし、緊張した筋肉を緩めます
またツボも刺激しております

低周波療法

たむら鍼灸整骨院_マイクロ波

神経痛・鎮痛

神経の興奮を抑えて、痛み・筋緊張の緩和、筋緊張性の神経痛の回復促進などを行います

ホットパック(温熱療法)と組み合わせて使用することがあります

error: Content is protected !!